メンズ用の財布の種類を紹介します

メンズ用長財布の需要が増えています。メンズ用は、センスにあふれた実用性中心か、実用重視かで評価が分かれますが、最近は高いセンスと実用性を兼ね備えたものが人気を集めています。メンズ用革製品の長財布というとイタリア製のものが人気が高いようですが、最近では欧州の素材と日本の職人芸を合わせたものに注目が集まっています。いくらセンスが良く、高級感にあふれていても、使い勝手の悪いものはあまり人気がありません。その点、日本の職人が手掛けたものは、使い勝手が良く、日本人だけではなく、海外のおしゃれな男性のハートもつかんでいるようです。いまはイタリア製、フランス製というだけで人気が集中する時代ではなく、きめ細かさでは世界一を誇る日本の伝統技能が高い評価を受けているのです。

財布は長財布が良いか二つ折りが良いか

財布は、センスと、実用性の両方を求められるもので、長財布が良いか、二つ折りが良いかは、使う人によって評価が分かれます。二つ折りの財布はコンパクトで扱いやすい反面、厚みが増してしまいます。長財布はおれないので、ポケットに収納する場合はスーツの内ポケットなどに限られてしまいます。真夏、Tシャツで過ごす場合は、ズボンの尻ポケットなどに収納してしまいますが、これはあまりカッコよくありません。ケチをつければ、紙幣のサイズが長すぎるところに問題があるのですから、紙幣のサイズを短くする運動でも起こさない限りこの問題は解決しません。長短いずれを求めるにしろ、日本の職人の手による手作りの製品が一番使いよいことに変わりはないので購入するときは、原材料がイタリア産、製造は日本の製品を求めることが最良です。

センスある長財布の価格と機能は

長財布の価格は、千差万別で2000円台から3万円を超えるものまで多数あります。ブランドにこだわり、イタリア製や、フランス製にこだわると価格は結構高いものになります。価格は別として、財布の機能としては何が必要でしょうか。一般的には、紙幣が折らずに入ること、小銭が若干入るポケットがあること、カードが数枚収納できることなどが最低必要条件になります。これにプラスして、キーホルダーの機能があること、切符を入れるポケットがあることなどが求められますが、あまり高機能にこだわると使い勝手は悪くなります。外観はセンスにあふれ、中はシンプルにというのがまずは無難な選び方と言えます。高価なものが決して高機能ではないことがそれを物語っています。革製品は金属と同じで、磨けば、つやが増し、長持ちします。購入したら日常の手入れを忘れないことが、その価値を左右します。

職人がこだわり抜いた伝統的ななめし方法でひとつひとつ丁寧に作り上げています。 GANZO(ガンゾ)で取り扱っているヌメ製品はほどよい風味をあじわっていただけます。 貴重なスモールクロコを、職人の手で作り上げました。 日本文化を知り尽くした職人がひとつひとつ丁寧に作り上げました。 こだわりのレザーアクセサリーをお探しの方はGANZO(ガンゾ)へ。 財布をメンズへ贈ろう!選ぶならganzoがおすすめ